宗谷岬周辺

日本最北端の地の碑
日本最北端の地の碑
 北緯45度31分22秒、宗谷岬の突端に位置している。碑は、北国のシンボル北極星の一稜を象った三角錐をデザインしたもので、塔の中央にあるNの文字は”北”を、台座の円形は”平和”と”協調”を表している。
 宗谷岬の突端に位置しまさに日本のてっぺんで、現在の碑が建てられる前は昭和36年に地元の歴史愛好家による石柱だけであったが、昭和43年7月10日に現在のスタイルに建て替えられた。



間宮林蔵の立像
間宮林蔵の立像

 安永9年(1780)現在の茨城県つくばみらい市(旧伊奈町)で誕生した。林蔵が樺太へ渡る決意を秘め、はるか海の彼方を見つめる姿で、裁付袴に羽織、足袋、二本差しと肩には測量用の”縄策(じょうさく)”という道具を掛けている。
 日本人でただ一人世界地図に名を残した人物である。





音楽碑 
 宗谷岬「音楽碑
 ダ・カーポ、ボニージャックス、千葉紘子、芹洋子さんなどの歌手によりレコード化され、NHKのみんなの歌でも全国に紹介された郷土の歌”宗谷岬”の音楽碑である。
 碑は、黒御影石に”宗谷岬の歌詞と楽譜を刻んだもので、昭和55年(1980)11月に建立された。







The Northernmost Point in Japan

 平成23年(2011)、建立50周年を記念し碑版に英語表示が加えられた。
 稚内観光協会では、日本の最北端を訪れた記念になる様、 「日本最北端到達証明書」 を発行しており宗谷岬地区にあるお土産品店で購入する事が出来る。






あけぼの像
 あけぼの像
 北海道の牛乳生産量100万トン突破と飼育乳牛50万頭突破を記念して、昭和46年(1971)7月に宗谷岬の丘陵上に建設された。
 ”天北酪農の夜明け”を象徴したもので、製作者は峯孝です。






旧海軍望楼 旧海軍望楼
 帝政ロシアとの国交が悪化し始めた明治35年(1902)に、国境の備えとして旧帝国海軍が建設したもの。
 石材を積み上げて、コンクリートで固めた2階建ての監視所で、船のブリッジを模して造られている。 1階は見張り室と待機室があり、2階指揮室の小窓からは宗谷海峡を一望出来る様になっている。






宮沢賢治文学碑
 宮沢賢治文学碑
   「はだれに暗く緑する
         宗谷岬のただずみと
      北はまさおにうち睡る
            サガレン島の東尾や」
と刻まれている。
 大正12年(1923)8月、宮沢賢治が稚内港より連絡船で大泊に至る間に詠んだものと言われている。




祈りの塔
祈りの塔

 昭和58年(1983)9月1日、ニューヨーク発アンカレッジ経由ソウル金浦空港行大韓航空機は、予定の飛行コースを大幅に逸れ、サハリン上空を侵犯。ソ連のスホイ型戦闘機のミサイル攻撃を受け、モネロン島沖合に墜落した。
 同機に乗っていた乗客240名と乗員29名の合計269名全員が死亡した。




世界平和の鐘
世界平和の鐘
 ニューヨークにある国連本部の前庭に、世界の恒久平和を願うシンボル”平和の鐘”があり、この鐘と同じものを世界中に設置しその思想を広めようとする運動で、その第1号が宗谷岬平和公園に建てられた。
 鐘は、世界平和を願う世界81ケ国の人々から寄せられたコインやメダルで鋳造されたもの。





子育て平和の鐘子育て平和の鐘
 鐘は、市民の総意により展開された10円玉募金で寄せられた浄財およそ150万円と世界98ケ国から寄せられたコインやメダルにより昭和63年(1988)に建立された。家庭の平和や地域の平和、国の平和、世界の平和を願うと共に、未来の平和な国際社会に羽ばたく子供達の健やかな成長を願って、国際平和年の昭和61年(1986)に子育て平和都市宣言をしている。



間宮林蔵渡樺出航の地の碑

 文化5年(1808)4月13日、幕府から樺太探検の命を受けた間宮林蔵は、松前奉行支配調役・松田伝十郎と共に、第1次樺太探検に出発した。この時、林蔵は生きて再び日本の土は踏めないと覚悟し、花崗岩で出来た墓碑を海岸に建てた。(右側の写真) 

林蔵の墓間宮林蔵渡樺出航の地













ページのトップに戻る
戻るボタン